維持管理コンサルティング

建物維持管理についての点検や修繕に係る助言等から、長期修繕計画の策定まで、お客様の建物の価値を維持すべく一貫したサポートを提供いたします。

維持管理コンサルティングについて

DSC01913s
これまで、様々な規模の事業主様、多くの法人からご依頼を受けてきた中で感じたことがあります。

それは「自社にて土地建物の専門技術者を常時雇用するのはハードルが高い」ということです。 

企業もある程度の規模になれば、複数の建物やビルを所有し、長期的な維持管理を要するわけですが、多くは「不具合が生じたので直す」「直すのに多額の費用が掛かるので壊す」といった、いわば場当たり的な対応をされている例が多くみられます。

建物のライフサイクルコストに占める建設費の割合は一部に過ぎません。

株式会社JUST DO IT では、様々な規模の企業様の土地建物の維持管理コンサルティングとして、年次点検・修繕に係る助言・相見積の取得等を複数年契約で行っております。また、複数年契約であることのメリットとして、近年、公共施設でも取り入れられている「長期修繕計画」を5年毎にご提案しております。

長期修繕計画とは

建物を維持管理するうえで必要となる修繕工事の内容と周期、概算費用のシュミレーションをしたものです。施設の用途に応じて、20〜30年などの周期でご提案いたします。長期修繕計画を把握することで、必要となる資金の積み立てや減価償却などの将来的な計画が立てられるため、経営上の指標として非常に有用なものです。

ご相談の具体例

DSC01956s

  • 昨年、屋上防水工事を行ったが、今年は外壁改修工事を行う。費用が無駄にかかっているのではないか。
  • 工場を複数保有しているが、将来30年間で、どの時期にどの程度の予算規模の維持修繕が必要になるのだろうか。
  • 収益用途のアパートを経営しているが、屋上のルーフドレインが枯葉で詰まり、雨漏りが生じて損害保険で対応をした。この様なことが起きないために、年に1-2度の点検を定期的にお願いできないだろうか。
  • 事業用の建物を増築したい。消防法・その他関連法規との適合性をまず検討したい。
  • 電気料金を低減したい。照明をLED器具に交換した場合の費用対効果を検討してほしい。
  • 省エネの施策としてソーラーパネルを導入したい。屋根に載せる場合の構造計算を頼みたい。

業務プロセス